1. HOME
  2. 特許出願 | 乃木坂特許商標事務所
  • 特許出願

    2019.9.24

    特許権とは?

    特許権は、発明を保護するための権利です。
    発明とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち、高度のものをいいます。
    特許発明とは、特許されている発明をいいます。
    特許権を取得すると、自身の特許発明の実施を独占できるとともに、第三者が無断でその特許発明を実施していればそれを排除することができます。
    また、取得した特許権について他人にライセンスを付与することもできます。

    例)
    製品の構成、製造装置の構造、製造方法、ビジネスモデル等

    乃木坂特許商標事務所の特許出願のあんしんポイント

    1無料相談

    発明の理解をお互いに深めるためには、時間を要することもありますので、専門家による無料相談を何度でも行うことができます。

    2総合的な知財戦略
    のご提案

    新しい商品を開発するときには、同時に、商品のデザインやネーミングを決めることがあります。また、ご相談の内容では、アイデアを発明ではなく考案として捉えて、無審査で実用新案登録をした方がよいケースもあります。当所では、“お客様第一主義”のポリシーの下、お客様の利益となるような知財戦略をご提案させて頂きます。

    3IPダイレクトによる管理

    特許出願の進捗状況及び登録後の年金納付状況等をIPダイレクトでいつでもどこでも無料で確認することができます。

    料金体系

    権利取得(出願~特許料納付)迄の総費用目安:¥649,950 (IT関係の場合は¥699,950)

    手続内容 手数料 印紙代
    出願 調査 ¥100,000
    出願 ¥300,000
    (IT関係¥350,000)
    ¥14,000
    審査請求 出願審査請求(※1) ¥10,000 ¥142,000
    (半額)¥71,000
    早期審査請求 ¥30,000
    特許査定 成功報酬/登録料納付(※1) ¥120,000 ¥9,900(※2)
    (半額)¥4,950
    小 計 ¥560,000
    (IT関係の場合は¥610,000)
    ¥89,950
    権利取得(出願~特許料納付)迄の総費用目安 ¥649,950
    (IT関係の場合は¥699,950)

    (※1)請求項6の場合
    (※2)1~3年分
     ※ ほとんどの中小企業の場合、新減免制度の適用により審査請求料及び登録料(1~10年度)が半額になります。
     ※ 拒絶理由が通知された場合、別途、中間対応費用(意見書・補正書各6万円(計12万円))が発生しますので、ご留意願います。

    特許出願の無料相談・お問い合わせ 

    特許の権利化までの流れ

    • step1

      お問い合わせ

      5営業日以内にご連絡いたします。お問い合わせフォーム

    • step2

      無料相談

      発明の内容についてヒアリングを行います。

    • step3

      正式な出願の申し込み

    • step4

      ご入金

      ご入金確認後、出願書類の作成を開始いたします。

    • step5

      出願書類の作成

      発明の詳細について確認しながらドラフトを作成いたします。

    • step6

      特許庁への出願手続

      ドラフトをご確認後、最終ご指示を頂いた後に、出願手続をオンラインで行います。

    • step7

      出願審査請求

      出願日から3年以内に行います。

    • step8

      審査官による審査

      審査請求日から1~2年程度で審査が終了します。

    • step9

      拒絶理由の通知

      特許できない理由が通知されたときには、意見書・補正書を提出いたします。

    • step9-1

      登録査定

      拒絶理由が解消された場合(又は、拒絶理由が通知されない場合)、登録査定書が送付されます。

    • step9-2

      登録料の納付

      登録査定日から30日以内に登録料(1~3年分の年金)を支払います。

    • step10

      登録証の発行

      権利満了 出願日より20年

専門家による無料相談フリーダイヤルをご用意!ご相談時の電話料金が無料です0120-53-1069お問い合わせフォーム